奥 麻里奈ドットコム

学ぶ母の生活と日々の散文

雑感

Twitterでのサブカル断ちしてます

今までフォローしてたサブカル界の住人たちのTwitterフォローを少し前から解除していきました。

好きな書き手の更新情報を知りたくてフォローしていくと、サブカル界隈の人たちの動向が自然に入って来るような状況になる。なぜならサブカル的要素が私にもあるから。

すると、サブカル界隈の人たちの交友関係とか、サブカル周辺の今の空気感とかを必要以上に知ってしまうことになる。私の把握してる限りでは今フェミニズム的な論争が渦巻いてます。こじらせ恋愛とか男性社会へのバッシングがトレンドと言っていいかもしれない、おそらく。

それ自体は私も共感・同意するんですけど、そういった論調のRTの集積ばかりを見ていると、なんだかそれが私にとってもライフワークとしているテーマのような気になってきたりする。

そしてサブカル界隈の人たちのネガティブ言動に気持ちが毒されてくる。

世の中のメインストリームへのアンチ精神が文化の源泉になっているからか何なのか、サブカルってルサンチマンの含有量が高いんですよね。

そしてそのルサンチマンを自己分析的に、あるいは批評的にどんどん深堀りしていくんですよ、分析に分析を重ねて。

私もその人間心理のあぶり出しに「そっかぁ〜なるほどなぁ」とすごく感心したりするんだけど、分析しまくった先に「……はて?」という気分になってしまう。

恨みつらみを言い募るように、あるいは内省に内省を重ねるようにうじうじ分析し続けて、何が得られるんだろう?

あるところまで行くと、このサブカルの流れについて行くことに対して懐疑的になり。

そしてはたと「私、そもそも恋愛とかフェミニズム的なことにそこまで関心あったっけ…?」と我に返りました。

一つ興味あるテーマではあるけど、私の一大ライフワークではない…そんなことより私、いろんな街に行って街の様子を見たいなぁ。

そう思って、好きだった書き手の人たちのフォローを思い切ってどんどん外しました。

一緒にドツボにはまって、精神が不衛生になってってるように思ったから。

あと、サブカル界隈ならではの内輪ノリが行き過ぎると嫌気が差してしまう。まあ、これはサブカルに限らずTVの中でもよく見かける現象だけど。

そういうのを目に触れずにいると、やはり前に比べて日々がすっきりしてきた気がします。

 

好きだけど、毒の含有量も高い、サブカル。だからこそ楽しい、サブカル。

純正100%のサブカル女ではない私にとっては取り扱い注意の領域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>