奥 麻里奈ドットコム

学ぶ母の生活と日々の散文

結婚について

いくら「料理が趣味」と言っても専業主婦にかなうはずがない

時をショートカットするように、昨年末に結婚した。実際はショートカットしたわけでもないけど、昨年前半までやりたい放題好き放題、ひとりで自由を謳歌しまくっていたので、周囲からの見え方としてはおそらくそんな感じで家庭ができた。
今は郊外の、実家みたいな雰囲気の古い庭付き一軒家のアパートで(庭は大家さんの領域だけど)、毎日のんびり、主たる日々の活動は料理、という日々を送っている。いわば専業主婦状態だが、仕事もちょこちょこしてるし人間いきなり自己認識が変わるものでもないので、専業主婦の自覚はまだない。というか、「これからは専業主婦でいこう」と思っているわけでもないので、身分が曖昧で宙ぶらりんな浪人生みたいな、モラトリアム主婦といった感じ(モラトリアム社会人とも言える……これってニートか?)。
要は、料理をする暇ができたので、毎日料理を楽しんでいるということだ。

私は同じことの繰り返しを好まない性格なので、一日昼夜2食、毎日違う料理をネットで検索してつくっている。夫にも「本当に同じものをつくらないね」と言われる。毎日何かひとつ新しいことを手をしたという実感がないと生きてる意味がないような気がする質なのだ。向上心溢れるというか、非ルーティン主義というか、飽き性というか。
一人暮らしをしていた頃、自炊をしても1回つくったものを3日かけて食べる、といった感じだったし、だから自炊に飽きて外食もよくしていたので、その頃と比べたら料理をする機会と時間が格段に増えた。10倍は増えてると思う。
だけど、毎日メニューを変えたとしても全然追いつかないくらい、料理の数は世の中に膨大にある。料理に専念する日々を送ってみて初めて気付いた。
「いくら『料理が趣味』と言ったところで専業主婦にかなうはずがありませんよ」と。

独身で専業主婦という人はいない。だから、独身であれば必然的に生活費を稼ぐ活動を主な時間の使い途として過ごすことになる(実家で家事を担ってる、とかいう状況でない限り)。そうなると、家事に投下できる時間と労力が限られてくる。というか、毎日働いてたら家事に費やすエネルギーは残らない。「家のことちゃんとできてない〜。人として欠けてる〜」という思いを沈殿物のごとくつねに心にキープさせながらこれまで生活してきたけど、好きなだけ料理に時間と労力を投下できる生活を送ってみたら、「働いてたらちゃんと料理なんかできるかーい!」と思い出しギレる気持ちになった。「これはできなくて当たり前だぞ」と。反面、「毎日毎日料理に専念できる専業主婦には到底、仕事を持つ人間がスキル面で追いつけるわけがない」と。

明日に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>