奥 麻里奈ドットコム

日々の散文と公式HP

雑感

専業主婦的生活になって変わったこと

一昨日の続き。

・都市部へ出なくなった。必要でない限り電車に乗らない。

これは仕事で外に出る機会が少なくなったというのが一番の原因。以前は新宿とか渋谷とか別に行きたくなくても行かざるを得ないことがあるのが日常だったが、今は電車自体乗ることが少なくなった。ほとんどの日が徒歩圏内をちょこまかするだけで日が暮れる。新宿とか渋谷とか行かなくても生きていけることに気付いてびっくりしている。その代わり、amazonの利用率が格段に上がった。とくに本。都市部を外れると本屋の品揃えはガクッと少なくなる。

・一日中家の中に居てもあまり気詰まりしなくなった。気分転換のために外に出ることが激減した。

結婚して家の面積が一人暮らしのときの3倍くらいになり、家の中での移動距離が長くなった。手足いっぱいに伸ばしても何にもぶつからないし、うちは一軒家の形をしたアパートなので庭があって縁側的なところでポカポカできるし、野良猫がエサをねだりに来るし、一日家にいても日が昇って暮れてという自然のリズムが感じられて通気性が良く、気分が倦むということがあまりなくなった。これはマンション暮らしをしていたら違ったかもしれず、家のつくりによるところが大きいような気もするが。以前は狭い空間のひとところにずっといると、時間感覚がよく分からなくなり、景色が固定されているため外界と断絶されているような気分になってきて、とくに何もなくてもとりあえず外に出て、無用の買い物をしてみたりしてバランスを取っていたところがあった。日々を会社内で過ごしていたときも同じ感覚だった。書いていて思ったが、庭の存在が意外に大きいのかも。有機的な自然の息づかいを感じられて、動物である人間の精神は安定するのかもしれない。つまり人と一緒に暮らした方が人間らしい生活形態を得られやすい、ということかもしれない。

・友達と会う頻度が減った。

私はもともと自分から友達に声を掛けて誘うタイプではないのだが(そういう行為が習慣づいていないので人を誘おうという発想が湧かず、一人行動が基本)、声を掛けられたらよっぽどのことがない限り断ることもない。そのため月に数回は人と会っていた。でも今は友達と会うのは月に1、2回くらいになった。これには、郊外に引っ越して友達の住んでいる場所から遠くなったから、とかいろいろ要因があるだろうが、一番の理由は、その友達の分を夫が占めているからというのが大きいだろう。パートナーというのは自分と一番気が合う存在、つまり「親友」という側面が大きい気がする。それはパートナーを得てみて初めて知ったことだ。

パッと思いついたことを挙げてみたので、もっとほかにも出て来るかもしれないが、とりあえずこんな感じだ。ちなみに、専業主婦的生活になっても結局変わらなかったのは「気になる本(漫画)があれば即買う」という習慣だった…環境が変わっても残るものが結局一番自分にとって外せないことなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>