奥 麻里奈ドットコム

学ぶ母の生活と日々の散文

結婚について

結婚したら毎日が快適になった理由2

昨日の続き。

そして晴れて私は高校卒業後、東京進出を実現させた。それ以来ずっと東京に住み、一人暮らしをしてきた。正確に言うとルームシェアをした時期もシェアハウスに住んだ時期もあるが、世帯を誰かと一つにしたことはないので、単独生活と本質的には変わらない。

学生時代は親から学費と仕送りを援助してもらっていたから完全に扶養されている「子ども」だったが、就職をして社会人になると扶養をはずれ、一個の独立した「大人」になった。経済的自立を果たすと、自分の好きなように生活する自由があるし、自分の人生の舵取りについては誰にも何も言われない。……はずだ。

実際、会社で働き始めてからは脳みそ全体の96%を仕事に費やし、夜遅くまで仕事したあと仕事相手の人たちとの付き合いで深夜2時まで飲んでタクシーで帰って寝て起きて仕事に行く、みたいな都会の働きマンらしいテンション高い日常を送って毎日弾けていた。20代は仕事に夢中で、家族や親族のことを意識する隙間もほとんどなかった。30で会社を辞めてからはマイペースなフリーランス生活を送った。仕事だけでなく家事など生活面にも力を入れるようになり、より自分ひとりの力で生きていく、という姿勢を身につけた。会社という拠り所もなくなり、ますます自分ひとりだけで成立している世界を築き上げたかのように見えた。

だけど、不思議なことに、いくら経済的に独立していようと一人暮らしをしていようと、「独身」という身分では、家族から独立した存在としては看做されない。こちらがいくら家族の意思とは無関係に自分の意思に従って自由に生きることを訴えても、身内は私を未だ「親の子ども」として扱ってくるし、何より私自身の自己認識がまだ「親の子ども」に留まったままだった。「独身」でいる限り、私はどこまでも「奥家の子ども」という親に従属する存在として認識され、精神的自立を果たせない。その証拠に、私が人生の岐路に立っているときこそ身内が干渉を仕掛けてきた。29歳になったときには「結婚もせずに何してるんや!」と結婚相談所への入会を強制されそうになり、会社を辞めることを伝えたときには「やっていけるわけないやろ!」と頭ごなしに家族・親族から反対された。私はどちらについても身内の声に反発し、耳を塞いで実力行使という、高校生までと変わらないやり方で自分の道をとった。経済的自立は、一個人としての生き方を尊重する根拠にはなり得なかったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>