奥 麻里奈ドットコム

日々の散文と公式HP

雑感

初ポメラ原稿

ポメラを買った。

ポメラというのは、文章を書くのに特化した、インターネットのできない機械、要はワープロの現代版みたいな機械で、この文章もそのポメラで書いている。DM200という最新型。

「インターネットはできないけどメールだけできるパソコンが欲しいねん」などと夫に話していたら、「そういうのあるよ」と教えてくれた。ネットで買った人のレビューを読んでるうちにみるみるポメラ熱が沸いて、存在を知った日から2日後にはビックカメラに行った。実際どんなものか触ってみるためだった。というのは夫と自分自身に向けた建前で、行く前からすでに心は決まっていた。ただの真っ黒な全然かわいくない機械だけど、久しぶりに胸がときめいた買い物だった。

なんでこんな機械が欲しかったというと、自分の生活にMacは必要ないからだ。5年前に住んでいたシェアハウスではその頃Macが流行りに流行ってて、猫も杓子もMacを持って共有スペースに来た。スタバ×Macの組み合わせが全盛だった頃だ(今もか?)。私もシェアメイトからたしか64000円で譲ってもらってMacbook Airを手に入れた。が、2年半後にシェアハウスを出る頃には「Windowsでまったく問題ない」という結論になっていた。むしろWindowsに戻りたかった。けど新たにパソコンを買う必要がまったくない。だって私のおもな仕事内容はWordで文章を書くことと記事用の写真を取り込むくらいの単純作業で、MacだろうがWindowsだろうがまったく関係ない。しかも5年ものはパソコンとしては古いんだろうけど、古いパソコンだとしてもまったく支障がない。

だからずっとその後もMacを使ってきたけど、仕事の前に必ずネットに逃避するのが習慣になっていた。どんなにやり甲斐のある仕事でも、仕事だと意識すると逃げてしまう。ヤフーニュース見て、Facebook見て、Twitter見て、またヤフートップに戻る。その順繰りをしつこく繰り返す。もう新しいネタがなくなっても目を皿にして何かないかと探す。ぎりぎりまでネットサーフィンして、締め切りまでの時間の猶予がなくなってもうやるしかないというところまで来てようやく着手。心臓がキリキリして「もうこんな自分嫌だ」と思いながら、ゼェゼェ終える。毎度このパターンで、頭が禿げそうだった。

「パソコンにインターネットがついてるからあかんねん!」という発想に自然となった。インターネットが憎い。ヤフーのトップページが憎い。FacebookもTwitterも憎い。パソコンについてるから悪いんや!書く作業単独の機械が欲しい。現代のストレスの元凶のほとんどはパソコンとスマホの多機能性にある!ワープロで全然いいねん、前の時代に戻りたい・・・え?あるん?へえ、そうなん?やっぱり・・・。

で、ポメラ。実際、使ってみた感触は、いい感じです。だって、蓋開いたら書いてた文章がすぐ出てくるからね。すっと入れる。しかもノートパソコンより圧倒的に軽くて小さい。持ち運びが手軽やし。ノートパソコンは定位置に置いて、スマホよりもこのポメラを携帯しようと思う。あってもなくてもいい情報は極力排除して、テキストと距離を縮めて、今ある仕事のためだけじゃなくて、今後の発展のためにももっと書くことを習慣化しようと思う。

仲良くする相手は選ぶべし。相手が機械でも。

子育てが始まってから変わったことの1つに、テレビを観るようになったことがある。夫は惰性的によくテレビをつける人なので、子育てなのか結婚なのかよく分からんけど。
でもとにかく、毎週(あるいは毎日)楽しみにしてるテレビ番組があって、その時間になるとソワソワしてテレビの前に行くという行動を取るのは、私にとってはかなり画期的なことやった。これまではテレビは真剣に観るもんじゃなかったから。どっか上から目線で、凝視する価値のあるもんじゃないと無意識に思ってた。
だけど今は、「拝ませてもらう」みたいに観てる番組がある。

今夢中になって観てるのは「やすらぎの郷」。話題の高齢者向けの昼ドラ。あと、1クール前は毎週火曜にやってたドラマ「カルテット」にもハマってた。
この2つに関しては、「テレビでこんな質の高いものが観れるとは!」という感想。「テレビは薄っぺらいものしか流れない」と思ってたけど、「つくる人がつくれば中身が詰まってるものになるんやなあ…」と発見したような気持ちになった。「脚本家になりたいなぁ…」っていう淡い考えが浮かぶくらい。
あと、街好きになってから定番で観てる「アド街ック天国」。これについてもリサーチ力にいつも舌を巻いてる。ほんま制作してる人リスペクト。今から新卒で就活するとしたらアド街つくってる制作会社に入ってアド街つくる仕事したい(かも)。

それで、好きなテレビ番組を観るのに付随する作業が、Twitter検索。観終わったあとに「やすらぎの郷」とかで検索して、観てた人がどんな感想呟いてるかを確認してる。たぶん、「やっぱそう思った?」とか「へえ〜そんな風にも観れるんかぁ」とか、誰かと感想を共有したいんやと思う。
この作業含めて私のテレビ鑑賞は完成する。

子育ての合間に楽しみにしてるドラマを観る生活とか、めっちゃ専業主婦的やなぁ〜と思う。
一人暮らししてたときはテレビに自分の時間を合わせるということがなかった。やけど今は、せめてテレビに時間を合わさせてもらわないとエンドレス子育てから気を逸らす息継ぎタイムを持てないのかもしれない。まあ、それより単に「ずっと家にいる」のが大きいかもしれんけど。
そういえば、前に育休中だった友人が「5時に夢中!」にハマってることを熱心に言ってきたことがあった。「岩井志麻子と中瀬ゆかりが出てる木曜が一番面白い」とその場で録画を見せてきたほど。職場復帰してからは録画してまで観ていたとは思えないけど、果たして?

置かれている状況によって生活が最適化して、定型文みたいに世間によくある形になってる自分がいる。世の中うまいことなってる。でもそんなことより、「やすらぎの郷」が面白いんやぁ〜!