奥 麻里奈ドットコム

学ぶ母の生活と日々の散文

子育て生活

わが子自慢、してもされてもOKな心

モンテッソーリ教育とフランス語について書いていくなどと宣言しておきながら、あんまし関係ないことを書きたくなった。

あるとき語学についての雑談をしていたら、高校生のお子さんを持つある人が「家族で語学を楽しむ会に所属している」と言っていた。
へえ~と思い、参考までに会の名前とか詳細を聞いたりしてたら、「私は、自分の子どもを褒める環境で子育てしたかったからそこに入ったんだよね」と言った。
「日本人って謙遜する文化じゃん、だからママ友同士で自分の子を褒めないでしょ。だけど、ほんとは心の中で『うちの子ってこんなに賢いのよ~』とか思ってるじゃん。そこだと、『うちの子、こんなことができるようになったのよ~』とかわが子を自慢し合うのが普通なんだよね」と。
へええ~~と思って、「ほかの子の自慢話聞いても何とも思わないんですか?」と聞いたら、「うん、みんな言い合ってるからそれが普通。『すごいね~』って言い合ってる。みんな家族の一員みたいな感じだから。そこにいると解放される感じがするんだよね。もちろん、一歩外に出たら言わないよ」と言っていた。

何かとちょいちょい自分の子自慢を挟んでくる友達がいる。
その友達はキャラが濃く主張が強い性格なのと、私との親しさが相まって、自意識の堤防が決壊して自慢が駄々漏れ状態になっているようだ。
私が自分の子の話とか、私が目撃したほかの子どもの話とかをしていると、カットインして自分の子の話に引き寄せて自分の子褒めをしてくる。
私は会話のターンを盗られることと他人の自慢話を聞かされることへのちょっとしたイラっと感をいつも味わわされていて、「ほんとこういうところ常識に欠けてるよな~」と心の中で思っているのだが(と言うと、この友達を嫌っているように聞こえるけど、嫌っているわけじゃなく、実際は仲がいい。友達関係って、その人の全部を肯定できないと成り立たないわけじゃない、少なくとも私の場合は。)、件の話を聞いて、そういう気持ちになっている自分がいることを意識した。

わが子自慢を聞かされるのを不快に感じている自分。
「自分の子を自慢するのって常識から外れてるのになあ、分かってないなあ」と。

こういう思考、すごく“典型的日本人”的だ。
自分の中に典型的日本人がしっかりといることを思い知らされたように感じた。
“日本人的”なことに否定的な、リベラルな自分でいるつもりだったのに。

かと言って、「これからはわが子自慢を受け入れよう、他人のも自分のも」という風に切り替えることができそうにもあんまり思えない。
それくらい、日本での世間というものの圧は強力なんだろう。
『ここでは自慢してOK』なサンクチュアリをつくらないと、日本人には難しいのかもしれない。

だからって、さあこれからその友達とサンクチュアリを築こうってしても無理だろう。
もし私が開き直ってわが子自慢したらその子もわが子自慢を被せてマウント取ってくる想像がめっちゃつく。平和は容易には実現し難し。

私も『自慢OK』な国へ行ってみたい。
そこで『ひとの自慢もOK』な自分を体験してみたい。
どうしてそれが不快じゃなく受け取れるのか、その心理を実感したい。

とはいえ、その「家族で語学を楽しむ会」の月謝もけっこうな額だし、入るのはちょっとハードルが高いのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>